menu

教えて!ドクター についての記事一覧 | この症状は耳鼻科?内科?皮膚科?教えて!新宿のドクター

HOME » 教えて!ドクター

教えて!ドクター

駅近病院はアクセスが便利

病院は通いやすさが重要

病院というのは、通いやすいかどうかがとても重要となってきます。

患者の方の年齢にもよりますが、子供でもお年寄りでも通いづらいところは避けたいです。

なぜなら、病院によっては何度も通院が必要となるというところもありますからね。

それなら駅近でアクセスが良好な病院を見つけておくということが重要となります。

通いやすいとそもそも行く時に面倒や手間を感じることもなく、治療にも前向きに取り組むことができるようになるのです。

病院に関しては、しっかりと判断して利用すれば、実はモチベーションも保てます。

このモチベーションというのが意外と重要となるので、そこは自分のモチベーションを保つためにも、ぜひ駅近などアクセスが良い病院を使っていくようにしましょう。

そうすることで、実は手間も面倒もかからずに治療に専念できます。

≫ 続きを読む

耳鼻科・内科・皮膚科病院の選び方

耳鼻科病院の選び方

耳鼻科病院を選ぶ時には、まずはその耳鼻科で診てくれる症状について知りましょう。
耳や鼻に不調を感じた時には耳鼻科病院で診てもらうことができます。
しかし、花粉症なのか鼻炎なのか、はたまた違う病気なのかでも違ってくるのです。
そこは症状に合わせて対応してくれるところを中心に選んでいくべきです。
近年はどの病院でもマルチに対応してくれるところが多くなっています。
ただ、中には得意不得意というのがあるので、そこは注意が必要となるでしょうね。
それぞれの病院ごとに診察してくれることも違ってくるので注意してください。
どこを選んでも失敗するということはないでしょうが、医師や看護師との相性でも選ぶなど、色々な角度から見て選んでください。
≫ 続きを読む

喉や呼吸器の不調

喉や呼吸器の不調

長い間ずっと咳が出るなど、喉や呼吸器の不調のように感じられますよね。
厳密にどこが悪いのか判断が難しいと思いますが、このようなときは何科に行けばいいかというと、内科や呼吸器内科、耳鼻科などとなります。
これら病院で診察を受け、喉が悪いのか、呼吸器なのか、それとも別の場所の異常なのか、医師に診断してもらって治療を受ける流れとなるでしょう。
先にご紹介した診察科の中でまずどこへ行くか、ここから判断が難しいかもしれませんが、この中でどこが特におすすめということはありません。
喉の不調か、呼吸器の不調か判断が難しい症状が出ているときなど、実際にどこが悪いのか診察を受けてみないと厳密にはわからないことが多く、何科に行くのがベストとは一概に言えないのです。
≫ 続きを読む

予防接種の診察科

予防接種の診察科

予防接種は病気の予防に効果的です。
これを受けると絶対にその病気にかからないわけではないのですが、自助努力だけで感染を防ごうとするよりは確実に感染の確率を下げられます。
また、非常に感染力の強い病気を予防するにはこれがほぼ唯一の方法となる場合もありますから、受けていない予防接種がある方は積極的に受けてみてください。
そのときの診察科ですが、内科や小児科でやっていることが多いです。
予防接種の希望者が大人の場合は内科、子供の場合は小児科が選ばれることが多いですね。
≫ 続きを読む

肌のかゆみと熱の診察

肌のかゆみや熱の診察

肌のかゆみや熱は日常生活でよく経験する体調不良となるでしょう。
どちらもちょっとした症状ですが、実際に出ると不快な症状となり、集中力が落ちるといった影響が出ることもあります。
早く治すためにもこれら症状は何科に行けばいいのか、ご紹介しましょう。

肌のかゆみが出た場合

肌のかゆみが出た場合は、受診先は皮膚科となります。
この症状が出たときは湿疹や赤みなどが出ている場合も多いですが、特に何も出ていなくてもかゆみが出ることもあります。
皮膚科ではかゆみだけの症状でも診察は行っていますから、かゆみが気になるときは皮膚科を受診してください。
子供の場合は小児科の受診でもOKです。

肌のかゆみの治療法

実際に皮膚科を受診したときのかゆみの治療法ですが、これは症状によっても変わるものの、よく行われるのは患部への塗り薬の使用と、場合によってはかゆみ止めとなる飲み薬の処方です。
肌のかゆみが出ている場合、患部のお肌の状態があまりよくない場合も多いです。
お肌の乾燥があったり、赤みや腫れなどの炎症が起きていたりといったことがよくあります。
これらを塗り薬で治療していきます。
保湿剤のほか、炎症を抑える塗り薬など使うことでお肌の状態を改善できます。
ただ、これだけではかゆみがすぐ収まらないこともあるため、場合によってはかゆみ止めの飲み薬も使用するのです。
これら治療によりかゆみの治療ができます。
なお、一度の治療ですぐに治るとは限りません。
通院が必要な場合もありますから診察を受けた医師の指示にしたがってください。

熱が出た場合

熱が出た場合に病院に行きたいときは内科や耳鼻科が受診先となります。
内科と耳鼻科の使い分けですが、耳と鼻と喉などに症状が出ているときは耳鼻科、本当に熱だけで他に症状があまりない、もしくは耳と鼻と喉以外の部位に気になる症状があるときは内科といった判断が比較的おすすめです。
患者が子供の場合はやはり小児科でもOKです
受診した病院で診察を行い、熱の治療を行えます。

熱の治療について

熱は解熱剤を使えば下げられますが、風邪やインフルエンザなどのとき、熱は体の免疫の反応として出ていることが多く、むやみに熱を下げると悪化する可能性があります。
そのため熱が出ていれば必ず治療が行われるとは限らず、仮に解熱剤を処方されたとしても必ず飲むように言われるとも限りません。
ただし、熱もその度数や一緒に出ているその他の症状、患者の年齢、持病の有無などに応じて速やかな治療が必要な場合もあります。
基本的には医師の判断にしたがってください。

くしゃみや鼻水の診察

くしゃみや鼻水が出るときは

くしゃみや鼻水が頻繁に出て困っているときなど、早くそれを止めたいですよね。
そのときは病院に行くといいですが、このときにかかるのは耳鼻科、内科などがおすすめとなります。
耳鼻科と内科とではどちらがいいか、迷う方もおられるでしょう。
どちらでも診察は可能ですが、今鼻で起きている症状をより詳しく診察してもらいたいなら耳鼻科を、そこまでの詳細な診察は希望しないなら内科でも問題ありません。
≫ 続きを読む

発熱や咳の診察

発熱と咳があるとき

体調が悪くなると何らかの症状が出ますが、発熱と咳が主な症状になるときには何科の診察が向いているのでしょうか?
それが風邪の症状と思うときは内科でも耳鼻科でも対応可能なことが多いですが、気になる症状が発熱と咳だけになるなら内科の診察を考えるといいかもしれません。
耳鼻科では対応できないわけではないのですが、こちらの病院は耳と鼻と喉という3か所に特化している病院です。
それ以外の異常にまったく対応できないわけではなく、風邪の診察をやっている耳鼻科なら咳と発熱についても対応可能ですが、鼻と喉にあまり異常がない場合、耳鼻科の専門からは少し外れる症状となる場合もあります。
≫ 続きを読む

アトピーは皮膚科まで

アトピーになったら

アトピーはアレルギーが関係している症状だと言われています。
そしてアレルギーを持つ方は増加傾向にありますから、アトピーを経験する方も増えるかもしれません。
もしアトピーになったときは皮膚科を受診してください。
≫ 続きを読む

新宿でおすすめの病院

新宿駅周辺には数多くの病院やクリニックがあり、正直「どこを利用すれば良いの」と迷っている方も多いのではないでしょうか。
一般の人からすれば「悩みを解消してくれるならどこでも良い」と思うはずです。
しかし、病院に関しては残念なことに良し悪しもはっきり出てきます。
≫ 続きを読む