menu

教えて!ドクター についての記事一覧 | この症状は耳鼻科?内科?皮膚科?教えて!新宿のドクター

HOME » 教えて!ドクター

教えて!ドクター

肌のかゆみと熱の診察

肌のかゆみや熱の診察

肌のかゆみや熱は日常生活でよく経験する体調不良となるでしょう。
どちらもちょっとした症状ですが、実際に出ると不快な症状となり、集中力が落ちるといった影響が出ることもあります。
早く治すためにもこれら症状は何科に行けばいいのか、ご紹介しましょう。

肌のかゆみが出た場合

肌のかゆみが出た場合は、受診先は皮膚科となります。
この症状が出たときは湿疹や赤みなどが出ている場合も多いですが、特に何も出ていなくてもかゆみが出ることもあります。
皮膚科ではかゆみだけの症状でも診察は行っていますから、かゆみが気になるときは皮膚科を受診してください。
子供の場合は小児科の受診でもOKです。

肌のかゆみの治療法

実際に皮膚科を受診したときのかゆみの治療法ですが、これは症状によっても変わるものの、よく行われるのは患部への塗り薬の使用と、場合によってはかゆみ止めとなる飲み薬の処方です。
肌のかゆみが出ている場合、患部のお肌の状態があまりよくない場合も多いです。
お肌の乾燥があったり、赤みや腫れなどの炎症が起きていたりといったことがよくあります。
これらを塗り薬で治療していきます。
保湿剤のほか、炎症を抑える塗り薬など使うことでお肌の状態を改善できます。
ただ、これだけではかゆみがすぐ収まらないこともあるため、場合によってはかゆみ止めの飲み薬も使用するのです。
これら治療によりかゆみの治療ができます。
なお、一度の治療ですぐに治るとは限りません。
通院が必要な場合もありますから診察を受けた医師の指示にしたがってください。

熱が出た場合

熱が出た場合に病院に行きたいときは内科や耳鼻科が受診先となります。
内科と耳鼻科の使い分けですが、耳と鼻と喉などに症状が出ているときは耳鼻科、本当に熱だけで他に症状があまりない、もしくは耳と鼻と喉以外の部位に気になる症状があるときは内科といった判断が比較的おすすめです。
患者が子供の場合はやはり小児科でもOKです
受診した病院で診察を行い、熱の治療を行えます。

熱の治療について

熱は解熱剤を使えば下げられますが、風邪やインフルエンザなどのとき、熱は体の免疫の反応として出ていることが多く、むやみに熱を下げると悪化する可能性があります。
そのため熱が出ていれば必ず治療が行われるとは限らず、仮に解熱剤を処方されたとしても必ず飲むように言われるとも限りません。
ただし、熱もその度数や一緒に出ているその他の症状、患者の年齢、持病の有無などに応じて速やかな治療が必要な場合もあります。
基本的には医師の判断にしたがってください。

くしゃみや鼻水の診察

くしゃみや鼻水が出るときは

くしゃみや鼻水が頻繁に出て困っているときなど、早くそれを止めたいですよね。
そのときは病院に行くといいですが、このときにかかるのは耳鼻科、内科などがおすすめとなります。
耳鼻科と内科とではどちらがいいか、迷う方もおられるでしょう。
どちらでも診察は可能ですが、今鼻で起きている症状をより詳しく診察してもらいたいなら耳鼻科を、そこまでの詳細な診察は希望しないなら内科でも問題ありません。
≫ 続きを読む

発熱や咳の診察

発熱と咳があるとき

体調が悪くなると何らかの症状が出ますが、発熱と咳が主な症状になるときには何科の診察が向いているのでしょうか?
それが風邪の症状と思うときは内科でも耳鼻科でも対応可能なことが多いですが、気になる症状が発熱と咳だけになるなら内科の診察を考えるといいかもしれません。
耳鼻科では対応できないわけではないのですが、こちらの病院は耳と鼻と喉という3か所に特化している病院です。
それ以外の異常にまったく対応できないわけではなく、風邪の診察をやっている耳鼻科なら咳と発熱についても対応可能ですが、鼻と喉にあまり異常がない場合、耳鼻科の専門からは少し外れる症状となる場合もあります。
≫ 続きを読む

アトピーは皮膚科まで

アトピーになったら

アトピーはアレルギーが関係している症状だと言われています。
そしてアレルギーを持つ方は増加傾向にありますから、アトピーを経験する方も増えるかもしれません。
もしアトピーになったときは皮膚科を受診してください。
≫ 続きを読む

新宿でおすすめの病院

新宿駅周辺には数多くの病院やクリニックがあり、正直「どこを利用すれば良いの」と迷っている方も多いのではないでしょうか。
一般の人からすれば「悩みを解消してくれるならどこでも良い」と思うはずです。
しかし、病院に関しては残念なことに良し悪しもはっきり出てきます。
≫ 続きを読む

複数の診療科目を持つ新宿の病院

新宿には沢山の病院があり、数えられないほどのクリニックがあります。
東京には総合病院のような大きな病院はもちろん、診療所などの小さな病院もあります。
その中から、自分に合っている病院を見つけていくことは至難の業だと言えるでしょう。
ただ、近年人気の病院としては診療科目が複数ある病院などが多くなっています。
これらの病院は、自分の症状が曖昧だとしても相談できるということで、近年は多くの方が利用しています。
≫ 続きを読む

診療科目を複数持つ病院のメリット

診療科目を複数持っている病院やクリニックは、それぞれメリットもあります。
実際に東京などで活躍する新宿駅前クリニックでは、豊富な診療科目を設定していて、多くの患者に対応しています。
診療科目が複数あることによるメリットはとても多いです。
ここではそれらの点に関して解説していくので、何か症状に悩まされている方は、相談してみてはいかがでしょうか。
≫ 続きを読む

診療科目が多い病院の注意点

診療科目が多い病院などは、注意しておいた方が良い点もあります。
もちろん、診療科目が多ければ多いほど対応できる病気も豊富なので、一見すると「頼りになる」と思っている方も多いでしょう。
確かにそれぞれ専門分野を持っていて、それぞれに医師がしっかりと在籍していて、対応してくれている病院もあります。
しかし、逆に中には1人の医師が複数の診療科目を持ち、すべて1人で対応しているというところもあるのです。
≫ 続きを読む

咳が止まらないとき

咳が止まらない時、普通は風邪を疑うでしょう。
もちろん、普通に暮らしている方が咳に悩まされる場合、その多くは風邪であることが多いです。
その場合、どの診療科目を受診すれば良いのかというと、多くの場合は内科や耳鼻科となります。
東京にある新宿駅前クリニックでも、それらの症状に対応しています。
≫ 続きを読む

インフルエンザに罹ったら

インフルエンザを患ってしまった場合、どの病院のどの診療科目に相談すれば良いのかということについて迷ってしまう人も多いかもしれません。
そもそもインフルエンザなのかどうかもわからないという方が大半で、最初は「風邪かな」と思う方も沢山います。
そういう方は、まず内科や耳鼻科を受診することになるでしょう。
ただ、それで正解だと言えます。
日本の病院の診療科目領域としては、インフルエンザも内科や耳鼻科で診てもらえることが多いです。
基本的には内科で診てもらうのが一般的となるでしょうね。
≫ 続きを読む